お料理

選べる三大和牛 神戸・近江・松坂

※成型肉、合成肉の使用は一切ありません。

成型肉とは?

成型肉(せいけいにく)は細かいくず肉や内臓肉を軟化剤で柔らかくして結着剤で固め、形状を整えた食肉を指します。
牛肉の赤身に牛脂や食品添加物などを注射した、「インジェクション加工(脂を注入する加工)」と呼ばれる処理を施した牛肉も含まれます。

成型肉と食中毒の関係

成型肉は、複数の工程を経て細かくした肉を混ぜ合わせるため、腸管出血性大腸菌O-157等の食中毒菌が肉の内部に入り込み易く危険です。
普通のステーキは、サーロインやヒレなど牛の筋肉にあたる部分が使われ、O-157等の食中毒菌はたとえ存在していたとしても肉内部には存在せず、
仮に肉表面に菌がいたとしても食べる時に表面を焼けば菌は死滅します。(普通のステーキ肉がレアで食べられるのはこのため)
しかし、成型肉は肉の内部に菌が入っている可能性があるため、肉の表面を焼いただけでは菌が死滅しません。
このため、成型肉をレアで食べると食中毒を起こす危険性が高いのです。

当結婚式場では、お客様の安心と安全の提供に常日頃から心がけております。
成型肉、合成肉の使用は一切ございません。
その為、肉の形は様々でございますが、ご了承いただければ、幸いでございます。